2021-10-18から1日間の記事一覧

取扱う内容が一致しているところから同じ書止めを用いた

足利幕府初世に於ては、訴訟の裁許は専ら直義のこの形式の文書で伝え、之を下知状と云っている。尚お之と同種のものを示すと、〔一七四〕の如ものがある。即ち暦応四(興国二)年十月廿三日直義が、備後国浄土寺雑掌祐尊の同国金丸名に関する訴訟を裁許した…