2022-05-29から1日間の記事一覧

必ず充所がある執達如件

而してかかる綸旨の書止めは「悉之」即ち「之を悉せ」若しくは「悉之、以状」即ち「之を悉せ、以て状す」である。この文言は書止めの例文としては鄭重なものではない。当時の綸旨の例に就いて見ると、悉之が最も下で、この上が悉之以状、それから状如件、そ…