下文から御判の御教書へ

然し右は文書の形式に就いて云い得ることであって、その名称の上に於ては、必しも下文とは称していなかった。鎌倉時代に於ては袖判計りのものも、袖判があって下云々と書いているものも、同様に下文と称していた。之は文書の取扱う内容が、両者ともに共通していた関係にも依ることであろう。然るに建武以後の文書に就いては、必しも下文とは称していなかった。その内容に依って、又それを出す人の地位にも依って、それぞれ異る名称を以て呼んでいた。即ち将軍家から軍功を褒める為めに感状として出すものは、御感の御教書と云い、又所領所職充行安堵の場合には、下文とも又御判とも称していた。既述の如く義満以後所領充行安堵の場合、袖判を加えた下云々の式のものは出ることが止み、下云々と書かず単に袖判を加えて直に本文を書き始める式のもの計りとなったが、当時後者が前者とその内容を共通にしていた点と、又永い間の伝統に依るものか、後者をも前者と同様下文と称していた。然し次第に此名称は廃れて、何時の間にか専ら御判の御教書と称するように変って来た。とのことです。