永く公験となす

次に戒師義眞が特に直筆にて戒を授くる由を記し、之を永く公験となす旨を記している。次に別当藤原三守等が位署を加えて、公験たるべきことを証している。この戒牒には字面に外印が捺してある。以後大乗戒の戒牒は大体この形式であるが、細かい点では多少相違がある。とのことです。