長橋局勾当内侍の女房の奉書

その古いものは鎌倉時代のものから伝わり、室町時代に至って最も多数伝わっている。長橋局勾当内侍がこの奉書を書いて出したもので、女房の書いたものであるから女房の奉書と申したのである。室町時代頃には綸旨と共に叡旨を伝える文書として重きをなしていた。とのことです。