当時極めて大形な、今川家の印として有名な印文「如律令」の朱印

(略)

この文書は、義元の子氏真が、駿河富士郡三日市場浅間宮造営の為に、大鋸并に山造の人夫使用を許可する為に出したものである。

料紙は折紙を用い、袖に朱印が捺してある。これが今川家の印として有名な印文「如律令」の朱印である。方二寸四分、重郭、当時の印の中にあって、極めて大形のものである。とのことです。