留守所・郡司・令外官の牒

国司の遥任の制度が著しい時代には、在国の留守所から被管にあらざる所に牒を出している。〔三六〕は、紀伊国留守所→金剛峯寺。多くはない。

郡司からも牒を出した。〔三七〕は、大和国添上(そうのかみ)郡→同国使。これも多くない。

令外官のものとしては、〔三八〕は、蔵人所和泉国。〔三九〕は、検非違使庁→諸国衙。第一一図は、記録所→東大寺。〔四〇〕は、武者所河内国。記録所・武者所の牒は相田先生の管見において唯一のものだそうです。令外官からは、官司に向かっても出している。牒を用いる範囲が広くなってきたのである。

第一二図及び次号文書は、雑訴決断所紀伊国衙と雑訴決断所紀伊国守護所との両所に向けて出している。これによって国衙と守護とが両立していた事実を知る。とのことです。

八省・大宰府・国司の牒

八省の牒は少ない。第十図は 治部省 → 円珍 の牒。「内侍之印」が十二顆捺してある。このとき補任された内供奉持念師が、宮廷に参内して護持僧として任に就くのであるが、それが後宮職である内侍司の司るところだったので、捺されたものであろう。

大宰府は管内諸国にはすべて符を出しているが、社寺には牒を出している。〔三二〕日下の大典惟宗朝臣は、草名を署している。

国司から出した牒としては、〔三三〕但馬国司→造東大寺司〔三四〕因幡国司→東大寺三綱務所〔三五〕大和国司→弘福寺衙などがある。〔三三〕楊故史は、やこ、〔三五〕置始は、おきそめ、大日長背とあるのは、平安遺文フルテキストデータベースによると、大目長背とのことでした。

官牒は、官符とも呼ばれた

牒においては、日附の下と日附の次の行に位署がある。符は日附の前である。ここが相違している。牒のなかに、誤って符の書式をとったものがあることは前に述べた。

太政官から出る牒を符と呼んだことが平安時代の文書記録に散見している。符も牒も太政官からでるので、一様に官符と呼んだのだろう。公式令の文書の区別があいまいになってきたことを示すものだろう。

官牒には、外印が捺してある。しかし円珍に関する貞観八年五月廿九日附のものには、内印が捺してある。平安遺文フルテキストデータベースでも「故牒」と見えています。

奈良時代の官牒の実物は現存せず、第八図の延暦十二年のものが初見である。太政官から寺院に対しては悉く官牒を出したので、平安時代以降のもので、東大寺、東寺など大きな寺院の文書の中に多く伝わっている。たいてい三綱以下寺官の補任に関するものである。

これらと内容を異にしたのが、先の延久の荘園整理の官牒や、〔三一〕の金剛峯寺に対して異国降伏の祈祷に関してだしたものの如く重要な史料となるものが少なくない。

さすが、『蒙古襲来の研究』の著者ですね。

超長文の文書、後三条天皇の荘園整理

〔三十〕うーん。きました。下巻で15ページにわたっています。「古文書には一通にしてかゝる長文のものもある一例として、部類篇に全文が収めてある」と、相田先生も楽しんじゃってますね。

まずは大観しましょう。太政官石清水八幡宮護国寺にあてた牒です。

荘園34か所(38か所とあるのは間違いでしょうか)のうち、21か所は元の如く領掌し、13か所は停止という後三条天皇による荘園整理の文書です。

前に挙げた官牒にはみな自署名であったが、ここでは右小辨であった大江匡房が上判に朝臣、日附の下に位署を加えたものは花押を書いている。

この朝臣は名を書くを略して姓を書いたので、移のところででてきた略名式である。太政官の牒は、平安時代の初期までは辨官も史も自署名であったが、中期以後から辨官は必ず略名式を用いることになった。前項の移のところで述べた、長官次官の位署における略名式とならべて注意しておく必要がある。とのことです。

文書が長い割に、解説はあっさりしていました。いまから、文書に取り組んでいきます。

 

 

自署名から草名そして花押へ

第八図の続きです。

図版では最後の行の冒頭に「共」と読める字があるのですが、活字では抜けているようです。共の字であってるかどうか、東京大学史料編纂所の平安遺文フルテキストデータベースで検索したところ、、、ありました。「共」でよいようです。

印刷本にはしばしば誤記や誤植あるいは解読の誤りにもとづく句読点、返点の誤記があるから、印刷本を絶対的に信用することはできない。(中略)誤記・誤植のないよう細心の注意を払われんことを切望する。 佐藤進一『古文書学入門』p.51

いささか強めの口調で述べていらっしゃいますね。読む側も気を引き締めて一字一句大切に読んでいきましょう。

閑話休題

牒は官司から官司に準ずべき所、もしくは官司でない所に出す文書である。

第八図は、太政官→僧綱ならびに東大寺三綱 に出した牒である。字面に隈なく外印が十八顆捺してある。なお自署名があるが、これがのちに草書に崩して形様化した草名、さらに形様化した花押というものが行われるようになったのである。平安時代中期のはじめまでは、専らこの自署のみであった。 とのことです。

 

看守さん、偉業を達成!?

第七類 牒 に入ります。

第八図の文書です。冒頭に三人の名前が出てきます。

 従四位上宮内卿兼行因幡守石上朝臣家成

 従五位下行官奴正大春日朝臣浄足

 外従五位下行内薬侍医兼佑廣海連男成 佑=「じょう」(次官)佐藤氏p.71

 内薬司「正(かみ)、佑(じょう)、令史(さかん)各一人」精選版 日本国語大辞典

官と位が規定通り官位相当になっている場合は、官を先に位を後に書くが、官位不相当の場合は、位を先に官を後に書く。その際官が高く位が低いときは、「従五位下守左少弁小野朝臣石根」のように、位・官の間に「守」の字を入れ、官が低く位が高いときは、「正六位上行左少史三善朝臣」のように、位・官の間に「行」の字を入れる。 出典 精選版 日本国語大辞典

行・守についてどちらか迷うのでまとめます。まず官位相当の場合、官+位とかく。官位不相当の場合、位+官の順になり、間に官>位なら守、官<位なら行を入れる。

官が高いなら守、位が高いなら行なので、かんしゅいぎょうで「看守さん、偉業を達成」とでも覚えましょうか。

 

蔵人所の御笛、青葉の竹

略名の式も行上の位署も、地位の高いものが行うものであった。詔書の覆奏文に於いて地位の高い三公(太政大臣・左右両大臣)は略名の式を執り、大納言は名を自署している。しかし三公の位署を連ねるところ必ずしも略名の式を用いるわけではない。

中世以降の書札礼において、差出書と充書とについて喧しく取り扱っている細かい書礼の一端が、既に移式の文書に表れていると見るべきである。とのことです。

なお、移は官司の間だけではなく、官司から寺院に送る文書にも用いられた。〔二八〕左京職から東大寺に送った移です。下って平安時代になると、移は牒に代わっていった。しかし平安時代に絶無ではなく、島津侯爵家所蔵大隅国臺明寺文書の中に珍しい移の文書が一通伝わっている。大隅国留守所→臺明寺。臺明寺は、蔵人所に御笛の材料青葉の竹を貢上していた。しかしこれの貢納を怠ったため、蔵人所の召物使が、留守所に訴えたので、留守所から寺家にこの移を送って、大宰府の裁定を受けるため、京都に奏聞せんがために、事情を注進するように命じたのである。とのことです。